トップ 学会案内 イベント 学会誌 機関誌 お問合せ
論文等
論文等

■対象分野

本会の学会誌等に掲載する会員等の論文等は、地区防災計画制度またはそれに関連する分野に関する著作物であり、地域防災力の向上、地域コミュニティの活性化、まちづくりの発展等に寄与する内容を持ち、本学会の会員等にとって有用な未発表の著作物でなければなりません。

■種類

論文等には、以下の4区分があります。提出期限等は設けておりませんが、現在、年3回(9月、1月、5月)程度の学会誌の発行を予定しています。 なお、学会誌への掲載に当たり、査読とは別に、広報・編集委員会等が審査、編集を行います。査読がない場合であっても、修正を依頼するほか、掲載を見送らせていただく場合があります。

種類

論文等の性格

査読

字数

研究論文 独創性、新規性、有用性等の面から価値が認められる学術研究。 2万字程度
報告論文 政策、現場の動向等の最新動向をいち早く伝えることを目的とする学術研究。 1万2000字程度
研究ノート 今後、研究論文に仕上げていく段階のものであるが、現段階で会員にとって参考となる学術研究。 1万2000字程度
事例報告・実践報告 時宜に応じた速報、具体的な事例や実践に関する報告。 6000字程度
*投稿に関する査読等は有料になります。

■学会誌規則
学会誌に等に関す規則です。 学会誌等に関する規則 [PDF形式]


■投稿要綱
〇論文(予稿を含む。)の提出に当たっては、指定様式に沿って、十分な推敲を済ませた上で御提出をお願いいたします。提出原稿の差し替え等は、手続が混乱しますので、御遠慮ください。
〇提出様式は、「ワード」になります。また、白黒印刷(グレースケール)で読むことができるように御対応をお願いいたします。事務局で編集を行う場合があるため、重い図表を掲載したり、複雑な図表配置を行うことは避けてください。
〇推敲が不十分なものを提出された場合は、その時点で取り下げをしていただく場合があります(査読料は戻りません。)。十分な注意をお願いいたします。


■投稿原稿

投稿原稿は、様式に従って、必ず「ワードファイル」で提出してください。その際、容量が重い場合は、メールに添付できるレベルにまで軽くした上で提出をお願いいたします。なお、読むことができないような細かい図や、狭いスペースに無理に貼り付けた図、ワード機能でPDF化した際に正常に表示されなくなるような図等は、編集の際に問題を生じますので、事前にワード機能でPDF化していただき、問題がないことを御確認の上で、御提出をいただきますよう、よろしくお願いいたします(なお、図表については、本文とは1行開けた上で十分なスぺースを確保して添付をお願いします)。

■原稿サンプル
投稿論文の原稿はこちらの書式をご利用ください。 
 論文用書式(サンプル)   [WORD形式]
                 
予稿用書式(サンプル)   [WORD形式]